【雑記】3/9 Collective Consciousness

ZXB13-042a.jpg

雑記カテ記事ですけど、今回はカードの相場をちょっと調べてみました。

《秘められし意思ケィツゥー》 N400~600 H800~1500 SC6000~10000
《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》 N2200~2600 H6000~10000
《G1GPXクイーン ケィツゥー》 N400~600 H2000~2500
《イヴィルベイン ケィツゥー》 N100~200 H700~1000
《調和の後継者ケィツゥー》 N100~200 H700~1000

この中でも《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》、《G1GPXクイーン ケィツゥー》は
品薄で現物がないため正確なデータがほぼ取れませんでした。
それ以外の3種についてはこの範囲内なら適正、それ以下なら安い値段だと思います。

特に《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》の高騰がすさまじい勢いですね。
MTGのカードで言うならフェッチランドの《汚染された三角州/Polluted Delta》が値段的には同じポジションですが。

《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》は出てからまだ1年経ってないですし、
白系デッキを組む際に必ず候補に挙がる強力なIGという点もなかなか恐ろしいものです。
出てから時間が経っていないから再録されない、ということは暫くはこの暴騰状態が続くという……
ぶっちゃけ買えるなら買って使ったほうがお得な感じありますけどね。
《ニャインライブズ メインクーン》みたいなほぼデッキのIGが[ケット・シー]だらけになる
デッキでもない限りほぼ確実に《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》は取れるので。

《G1GPXクイーン ケィツゥー》のレートの上昇も外せない解説ポイントです。
速攻デッキの増加とともに必ず需要ができるカードであります。
特にホロは何枚あるかわからないレベルの少数生産でしたので、
今持っている方は手放さないほうがよろしいかと。

《秘められし意思ケィツゥー》デッキを組む場合は、どうしても
《鴟梟を阻む意思ケィツゥー》と《G1GPXクイーン ケィツゥー》が眼の上のたんこぶですね。
両方を採用することで《秘められし意思ケィツゥー》の効果を使うことが出来、
さらに速攻耐性と多面処理、《秘められし意思ケィツゥー》の維持による
大型ゼクスの除去能力をいかんなく発揮できるためです。
特にデュナミス対策と速攻対策の両立はこれからのコントロールデッキの課題です。

失った手札をすぐにリカバリーしつつゼクスをどかす
《XIフラッグス ルートヴィヒ》の採用はこれからはずっと減ると思います。
したがってデュナミス環境になればなるほど、
前に作ったQK2コントロールは時代遅れの遺物ということに……

改造案はあってもそれが正しいかどうかわからないのが苦しいところですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する