Vジャンプのデッキを評価する 《八宝美神フリージア》編

ZXPR10-019.jpg

クッソ暇なときのこういうどうでもいい記事。

Vジャンプ 「フリージア」デッキ
3 x 八宝美神絶対女王マスティハ
2 x 満開の笑顔ダンデライオン
4 x 黄金色の幸せマレイン
2 x 妖精姫バジル
3 x 五頭領 他心剣豪 ウェアクーガー
4 x 繚乱の芳魂 フィーユ
4 x 小鳥と戯れるルリジッサ
3 x 絢爛華麗な彩姫バーネット
4 x 八宝美神フリージア
4 x 陽気なダンデライオン
1 x ペイントするソープワート
4 x 几帳面なコンフリー
4 x ガーデニングするサントリナ
4 x 山菜採り名人ケッパー
4 x 読書好きのキンレンカ
1 x 剣淵相馬

例によって長いので続きを読むからどうぞ。


良いところ
・《小鳥と戯れるルリジッサ》、《五頭領 他心剣豪 ウェアクーガー》を搭載し
速攻耐性の向上を図っている。


16弾発売までの環境でどうしても目に付くデッキでは、
【ニャインライブス メインクーン】にある程度気を付けなければならないでしょう。
5コスト6コスト帯で防御の要になる《小鳥と戯れるルリジッサ》、
《五頭領 他心剣豪 ウェアクーガー》はいいカードチョイスです。
《小鳥と戯れるルリジッサ》で《八宝美神フリージア》をプレイヤースクエアに登場させて、
返しにブーストし、《繚乱の芳魂 フィーユ》に繋ぐ動きは美しい。
《黄金色の幸せマレイン》の数だけアドバンテージが稼げる、
マレインクーガーのギミックも、アドバンテージが取りにくい緑のデッキでは特に有用。

悪いところ
・《繚乱の芳魂 フィーユ》で出せるゼクスの候補が少ない

かなり致命的な弱点だと思います。
起動除去なりの効果持ち大型ゼクスに繋げるのが《繚乱の芳魂 フィーユ》の基本的な使い方。
そしてリソースに入った後、《繚乱の芳魂 フィーユ》を回収する手段がないのもダメ。

・《八宝美神フリージア》と《八宝美神絶対女王マスティハ》の相性

両方を手出しで揃え、かつ《八宝美神フリージア》のデメリットを帳消しにしようとすると、
都合4+2+7=13リソース必要な計算になります。
これは、《黄金色の幸せマレイン》が何枚あっても看過し得ないほどのキツイ出費になります。
それなら素直に《八宝美神フリージア》から《妖精姫バジル》に繋いで展開し、
ゼクスを残してターンを渡したほうがリソースの負担になりにくいです。
とはいえ、このレシピには《妖精姫バジル》は2枚なのですが……

・《絢爛華麗な彩姫バーネット》の重さを克服しきれていない

僕がかつて公開してきたレシピで、
《絢爛華麗な彩姫バーネット》の枚数を抑えてきた理由はいくつかあります。
1つは、5リソマレイン1で使った時が一番綺麗だけど、そこまで狙うものではない事、
どんなコスト踏み倒し手段を用いても追加2コストはやはり重いからです。
《八宝美神フリージア》から出すと特に重いと思いますよ……
《宝石を集めるルー》なら《妖精姫バジル》を出すだけで済みます。



最後になりますが、ぶっちゃけリーファーはもうすぐプレイヤーが来るので、
それ以外のプレイヤーに依存しないようにデッキを組んでおいたほうがいいと思います。
無論プレイヤーを使ったり多色にするのも醍醐味のひとつではあると思います。
ただ、個人的主観になりますがリーファーの種族サポートはスリヴァー並みにきっちりまとまっているので、
変に多色にするよりリーファー単で組むほうが動かしやすくて楽しいと思っています。

ディンギルに対応し多色にするのであれば《夢幻泡影》というのもありますし……
リーファープレイヤー次第では大幅に飛躍する伸びしろもあります。
何を隠そう、展開力と打点のある種族は最強の種族なんですから。

《八宝美神フリージア》軸のリーファー単は今度動画にしてアップロードしたいと思いますんでね、
それではね、お待ちくださーい。
スポンサーサイト
  • Category: Z/X

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する