FC2ブログ

【雑記】11/18 Girls in the Frontier

Yukimi1_L.png

推しの顔が良いといい気分になる。

- Z/X -
そこのニューP!雪美ちゃんをすこれよ!
とっても可愛いしかわいいし顔が良いぞ!

何よりニューと同じ声が聞こえるはずゲフンゲフン。
中澤さんはニューのあとに雪美ちゃんのCVになったから、
アイドルという意味では同業者か?

- アズレン -
アズレン、ポラリスイベントおつかれさまでした。
μKAN-SEN5隻と、初期艦組+シュペー+吹雪のアイドルスキン、家具全部があれば100点でしょう。
ガスコーニュμを促成栽培してガスコーニュのローンを返済しつつ、
ヒッパーが120Lvになったらヒッパーμを育てるんだ……

グローセのデータ収集Ⅱ、あと71%で終わりなんだ……
ハード3週をこなしつつ、週課となりつつある対潜をこなしていけば、順調に次のイベまでに貯められる範囲だとは思う。
……経験値貯めて育てられるのがグナイゼナウとシャルンホルストしかいないのが問題だけど。

ローンがMVPを取る中で、こっそりレーベがMVPを掠めていったりしてなかなか面白い。
ローンシュペーヒッパーで回ったりしてると、シュペーとローンの火力ってやっぱえげつねぇなと……
ドイッチュラントとプリンツが120Lvになったので相方も育てているの巻

こんな具合でメモを残しておかないと自分がなにをしてるのかわからなくなるという大問題。
素材は余ってるので、誰か改造したいというのもある、でも改造できる艦はもういないという……

EJqnbQXU0AEvwgu.jpg

最近の1枚。
それでは。チャオ!

フェアデッキとアンフェアデッキ。

アンフェアデッキ - MTG wiki

軸をずらした「真っ当でない」手段で勝利を目指すデッキの総称。何らかのコンボやシナジーによって早いターンで勝負を決めるなど、メインデッキでは対処の難しいものを指す。

最近ではアンフェアなコンボやシナジーを搭載しているからアンフェアデッキなのではなく、
アンフェアなカードを搭載しているからアンフェアデッキではないか、という論調が強い。

たとえば、《BAKUOOON・ミッツァイル》《リゲル★クリスマス》がそのアンフェアなカードではないか、というわけだ。
両者とも、単体でできることの幅はさほど広くはないのだが、そのゲーム性や環境に合致しすぎているのではないか。

《BAKUOOON・ミッツァイル》は単体で見れば並べた小型をGRクリーチャーに変換し、一斉攻撃を行うどこまでも前のめりなカードであるし、
《リゲル★クリスマス》も単体で見れば、デッキ構築を大幅に縛る割に、得られるアドのたいしたことのないカードである。

ただ、両者共に後から出たカードによる拡充の幅が広すぎたのだ。
得てしてカードゲームというのは後から出たカードによって大幅に後押しを受けるデッキタイプというのは存在する。
二種のカードがその犠牲者なのか、という議論はさておき、個人的には必要以上のヘイトを集めた犠牲者なのではないかと思う。

マナドライブ6持ちのGRクリーチャーの登場によって多色化し、半ループでアドとロックカードをかき集めより安全なフィニッシュができるようになった《BAKUOOON・ミッツァイル》。
そもそもIGOB環境においてIGOBさせないという択を取り、自分だけ6リソース時の動きができる《リゲル★クリスマス》。

正直《BAKUOOON・ミッツァイル》のことは知らなさすぎて、フィニッシャーの固定化を招いたカードということしか知らない。
というわけなので、《リゲル★クリスマス》のことを書くことにする。

……現代Z/Xでこれ、過度なストレスを招くカードなのでは?
5止めの択を取れば、《リゲル★クリスマス》+《【剣誓『恋人』】あづみ》+《ブランデッドソード アルダナブ》でリゲル側のダメージレース負けはほぼない。
初回IGOBをリゲルに渡す択を取れば、《舞装《蒼天》各務原あづみ》の攻撃力によって敗北は必至だろう。
つまり、どちらを取っても相手に有利な択しかない。

5止めしつづけて《リゲル★クリスマス》がなくなるのを祈ってもいいが、ドローカードが多い現代Z/Xの中でも群を抜いて多いので、引いていないということはまず考えられない。
相手が初回IGOBをこちらに渡してきたとしても、そのターンにIGOBを含めた行動で倒しきれなければ、最大8枚積むことができる5止め解除により《舞装《蒼天》各務原あづみ》が着地し、速やかにゲームエンドに持ち込んでくるだろう。

最近のZ/Xはエンジョイする半キャラゲー、カードゲームでするプロレスという体裁だが、これって本当にエンジョイなの?と……
それぞれのデッキにそれぞれにしかできない強みはあるが、序盤中盤終盤すべての場面でプレッシャーを味わわなければならない相手というのは、はたしてフェアデッキなのだろうかと。
プールに存在するだけで常に相手に理不尽極まりない二択を押し付け、あまつさえそれで勝ってしまえるカードというのは、アンフェアなカード、ひいてはアンフェアなデッキではないかと。

意見があれば是非聞いてみたいし、逆にリゲル側はどういうデッキをアンフェアに感じるかも聞いてみたい。
当然、《BAKUOOON・ミッツァイル》に関する意見も聞いてみたい。

オタクくんはすぐ主語を大きくする、と言われるので、ここに記すのはあくまで個人的な意見に留まる。
それでは。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する