デモコン理論と回収

d0128293_17443418.jpg

《Demonic Consultation/悪魔の相談》 (黒)
インスタント

カード名を1つ指定する。あなたのライブラリーのカードを上から6枚追放する。その後あなたが指定したカードが公開されるまで、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開し続ける。そのカードをあなたの手札に加え、これにより公開された他のすべてのカードを追放する。

デモコン理論とカオスTCGにおける回収のジレンマについて。
まずは皆様おなじみの《Demonic Consultation》。

サーチ+デッキ圧縮という狂性能のMtgのカードです。

マナコストも破格の(黒)で、タッチ黒にしてまで投入された経験があるとかないとか。

それで、このカードについてのある気になる一説。

デモコン理論とは、「ライブラリーを最後まで使い切らないデッキならばどの道使わずに終わってしまう無駄ライブラリーが発生するので、いくらかライブラリーが削れたって全く問題は無い」と言う考え方。ライブラリーにおけるスーサイドとも言える。

デモコンとはご存知《Demonic Consultation/悪魔の相談》のことだが、この理論を最初に世に知らしめるきっかけとなったのは《オークの司書/Orcish Librarian》である。このカードを使ったスライが成績を残した事で、ライブラリー操作の重要性と、ライブラリーが削れるというリスクはそんなに厳しいものではないと言う認識が広まったのである。

特定のキーカードが存在しかつデッキからサーチを行う場合は話が変わってくるが、キーカードが特に存在しないビートダウンデッキなどの場合、ライブラリーの上から30枚も下から30枚も内容的に殆ど変わらない。また、特定のキーカードが存在するデッキでも、ライブラリーを削る場合と削らない場合でキーカードを引く確率は変化しない(ただし、削る前と削った後では変化する)。従って、《Demonic Consultation/悪魔の相談》一発でライブラリーが30枚消し飛んだとしても、それらはゲームが終わるまでライブラリーの底で無駄になるはずだった、あってもなくても変わらないカードも同然なのである。



要は「干渉できる領域に無いカードは使えないからどこにあっても同じ」ということを端的に言っている。

Mtgはルールの性質上、ChaosTCGとは違い山札を自分で削ることが大したディスアドバンテージにならない。

行動すれば何かしらのアドバンテージが得られるのである。

ではこの理論がChaosTCGでどのように関わるのか考える。

プレイヤーが干渉できないカードは使えないのだから、メタゲームを想定した場合控え室リムーブや回収封じなどのカードを使われる可能性は十分にある。

回収手段を搭載していたとしても行使する前に負ける、もしくは回収手段を行使することが決定的なプレイングミスに繋がる場面もあるだろう。

回収できて数枚、できない場面も多々あるだろう。昔の環境は遅くて隙も多かったが、今は一瞬の隙が大きなアドバンテージの差を生んでしまう。

パートナーキャラや必須エクストラに回収ギミックが搭載されているなら話は別だが、そうでないなら無理に回収に枠を割く必要はないだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する