ドリルッ!ミサァイルッ!

39231721.jpg

プレシャスメモリーズのカテゴリを作ったはいいが記事を書いてなかったので更新。

『Aチャンネル』単デッキでござる。

ナギ(056) 2 自由登場ナギが牽制になる。ユー子ありで50/40。
トオル(027) 2 天然4の効かない相手に対策。
ユー子(075) 2 イベント対策+キャラ起こし要員。ユー子(074)との組み合わせが鬼畜。
ユー子(074) 2 ライブラリ回復でパンプ。
るん(001) 2 言わずもがなな天然4。メインアタッカー。
ナギ&ユー子(091) 4 ナギまたはユー子のコストに使うと発生3になる。
るん&ユー子(093) 4 ポイント入れ替え。
ユー子(076) 4 序盤の守りの要。10/50の防御力は特筆に値する。
ナギ(090) 4 サーチャー。こいつでイベントを探す。捨て札が増えるのも◎。
ユー子(076) 2 デッキのエンジン。こいつで4種のイベントを使いまわす。
ユー子(080) 2 キャラ起こし要員+ナギ(056)のためにユー子を常時場に立てるためのカード。
鎌手先生(085) 2 効率の良いドロソ。キャラ+1できるのも◎。
ナギ(059) 4 自由登場。アクティブ持ちなので攻めにも使える。ナギ(056)を使うなら使いたい。
ユー子(047) 4 攻撃か防御を高められる。ユー子(074)がいないときに重宝する。
トオル(030) 4 自キャラ3体以上でノーコストになる。キャラ+1できてアタッカーになるのが◎。
いつまでも変わらない 4 サーチャー。1枚で2枚サーチできるため、効率が良い。
最悪な第一印象 4 10枚サーチ。相手ターンにも使えることを忘れてはならない。
フリーズ 4 防御カード。相手のアタッカーを封印して時間を稼ぐ。天然などに使う。
球面収差 4 防御カード。相手の大型のサイズを0/0にすればいい。メイン限定だが……

完璧な守りのデッキです。
相手にライブラリ回復手段があるときとないときで動きが大幅に違います。

相手にライブラリ回復手段があるときは、相手のデッキに合わせてるん(001)かトオル(027)をアタッカーに据えつつ、相手のイベント切れを待ちます。
たいていのデッキはイベントが切れると動きがにぶくなるので、そこから徐々にナギ(056)+ナギ(059)でにらみを利かせつつ殴りましょう。
相手ターンに最悪な第一印象を使用したりブラフをかけるのを忘れないようにすればつねに相手に精神的なプレッシャーを与えることができます。

相手にライブラリ回復手段がないときは、るん(001)かトオル(027)を常に手札に握りながら防御的な場の構築を進めましょう。
最初のターンにいつまでも変わらないを無理せず使える状況が望ましいです。
中盤に入るまでに、ナギ(056)とユー子(075)とユー子(074)、ユー子(076)を立ててしまえばほとんど相手は動かなくなるはずです。
相手のライブラリが終わりかけの終盤になったらるん(001)かトオル(027)を出し、アプローチさせ続けて相手の手札を枯渇させましょう。

という具合にデッキを作った人の陰湿さが如実に現れていますね。
ハンドの増えるイベントとキャラがそれなりにいるんでAチャンネル速攻を組もうと思いましたが性根が合わないのでやめました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する