自分のデッキを考察その1 ダンサーマーメイド編

ZXB13-102.jpg

暇だからとりあえず始めてみたこのコーナー。
とりあえず轢き殺し性能に定評のあるこのデッキから。

ダンサーマーメイド
4 x XIフラッグス タルティニ
2 x 憤怒の使者 アルクス
4 x 舞踏骸骨スケルタルダンサー
4 x XIフラッグス クローディア
4 x 思希者アマディウス
3 x 夢奏曲ニカノーラ
4 x 雅の演姫マリ
4 x 純音澄律ソリトゥス
4 x 熱唱妖精リリー
4 x 悠奏クルティ
1 x 声楽姫メルキオール
4 x 眠音マデール
4 x 見習い奏者ウェイベル
4 x 奏流フロート

続きを読むから採用理由と、いろいろなデッキとやり合ってみた雑感など。


採用理由

ZXB12-036a.jpg

XIフラッグス タルティニ
問答無用のフィニッシャー。
手出しでもダンサーでも仕事できる神性能。
ただしタルティニorダンサーに加えて、
手札1枚と場自分ゼクス1体と空きスクエア1マスを要求されるのが玉に瑕。

ZXB12-077a.jpg

憤怒の使者 アルクス
フィニッシャーその2。
序盤にダンサーから釣って3点くらい奪うこともしばしば。
再利用はしないので使い捨てのダメージスペルみたいなもの。

ZXE05-024.jpgZXE05-008.jpg

舞踏骸骨スケルタルダンサー/思希者アマディウス
このカードは使われまくって書くことがない。
ルーター+リアニメイトの組み合わせってチートですな。

ZXB13-102.jpgZXPR13-002a.jpg

XIフラッグス クローディア
盤面荒らし最強のカード。
ダンサー・アルクス・手出しどれからでも最低以上の仕事はできる。
移動効果に破壊が付けられるのは卑怯。
引きこもらせてシステムゼクス化させると相手は悶絶する。

ZXB13-028.jpg

夢奏曲ニカノーラ
フィニッシャーその3。
タルティニより軽い、そして相手と自分のゼクスを入れ替えられる。
これはかなり重要。
クローディアと組み合わせて殲滅しつつ点を取る動きが強い。
6000打点は重要。

ZXC11-008.jpg

雅の演姫マリ
後攻2T目とかに強気に出られるゼクス。
自分のPS周りの相手ゼクスをどかして相手PSを殴ったり、
相手PS周りに固まってる相手ゼクスをどかして連パンの準備を整えたりとか。
5500打点も及第点。

ZXB12-024.jpgZXB08-024.jpgZXPR10-016.jpgZXB06-024.jpg

3コストバニラx12枚 + 眠音マデール
序盤の捲りで決着を早期につけたいのと、
どうしても3コス+3コスだけで10500を返したいけど、
バニラだけでは無理なのでマデール採用。

ZXB09-023.jpg

声楽姫メルキオール
かわいい。あと2ドローできることは重要。
後攻だと後攻1TIGがあまりにも強い早いのでそっちに使われる。
ならバニラで良いじゃん←メルキオールが一番可愛いの!

ZXB10-022.jpg

見習い奏者ウェイベル
単純に先攻2Tウェイベル+ウェイベルで
ウィニーみたいな動きしてみたかった枠。
クローディア引きこもらせつつ相手ゼクスを破壊したりできる。
積んで強さがわかった一枚。

ZXB07-021.jpg

奏流フロート
5T目7cIGヒットクローディアフロート2体破壊から、
このデッキは始まったので最重要枠。
友人曰く、「フロートはやばい、あのデッキのフロートだけはマジでやばい。」
なんか気が付くと手札に居ます。
いらないと思ったことなどない。


対戦雑感

対蜂ES
基本的に相手の4コスに4コスなら殴り返されないのと、
ダンサー採用による爆発力がアドバンテージになる。
相手はESの大量採用によってあまり手札の純度が高くないことも、
こちらの優位性を保つ結果になっている。
このデッキに対してだけは4か6に相手ゼクスをどかす動きが危険になる。

対マルキリアン
ダンサーが揃わないとマルキを処理する手段に乏しく、
IG回数と手数の面で不利になる。
特にリアンをODされるだけですさまじく不利になるので、
できるだけPSに立たれないよう意識するしかない。
正しく中速ビートであるマルキリアンは天敵と言っても過言ではない。

対ダムスタクロエ
相手はクロエを揃える動きに序盤は徹さないといけないので、
その間にどれだけ高速で攻められるかがキーになる。
ダンサー成立でもよし、IGが多めにヒットするでもよし。

対マスプロトロン
残念ながらビート速度ではほぼ互角、もしかすると相手が上かもしれない。
アーキタイプとして成立して間もない関係上、
様々な型が存在するので、一概にこうと言えない。
とはいえマスプロを殴らせない位置に置きつつ連パンするだけで対策できる気がするが……

対LastDance
相手に後攻を握らせると間もなく即死してしまう。
理由は簡単で、序盤に使える低コストの全体除去だけで、
こちらのゼクスがほぼ全滅してしまうからだ。
ダンサーを早めに成立させて削りきるくらいしか明確に倒す手段がない。
タルティニですら相手のプレイング次第では腐ってしまう。

対フィーユ官兵衛
官兵衛には明確な回答がないので5500をできるだけ使わないようにして、
囲んで倒した後にフロートで点を取るくらいしかプランがない。

囲んで殺せるゼクスならなんとかなる、それ以外は無理とかなり割り切ってます。
致命的な弱点はあるものの弱点が露見する前に速攻して倒す、それが最上だと思っています。

「やられる前にやれば倒せる、ライフが4点もあるんだから。」
-chibivaru 2015/11/15
スポンサーサイト
  • Category: Z/X

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する