ダムスタクロエの可能性

ZXE04-072.jpg

ソマリ杯でダムスタクロエが優勝したらしいので考察します。

青t緑ダムスタクロエ(暫定)
4 x 勇者巨神ダームスタチウム
4 x 極大神器ローレンシウム
2 x 斬魔真紅剣シンクロトロン
4 x 因果の導き手クロエ
4 x 八大龍王 阿那婆達多
4 x XIフラッグス ルートヴィヒ
2 x Aウィルスハザードのアクターレ
4 x 金色車前グラディアトール
3 x 蒸発機械エヴァポレイション
4 x 復讐を誓うキリア
1 x 絶望に打ち勝つ むてん丸
1 x アイスブラスト サドル
4 x 伝説の魔神 百騎兵
4 x 紅葉狩り
4 x バトルヒーロー グリーゼ
1 x 決死の防衛戦
1 x 戦斗怜亜

所謂紅葉狩りクロエであると考えます。
安定して9リソでクロエを撃つことを目的とした型……という認識でいいのかな?

続きを読むから考察。


・極大神器ローレンシウム
かつては悪名高きローレンアニムスの玩具だった極大神器。
このデッキではおそらく7コス帯の切り札でしょう。
相手のゼクスを大量バウンスして延命はもちろん、
自分のIGアイコンを戻し次のターンにクロエを使う動きができます。
決して5~8枚目のダームスタチウムではなく、
クロエから出して明確に役割があるのが強みだと思います。

・八大龍王 阿那婆達多
このデッキでは弱点となる6コスト帯の動きを補うカードですね。
従来のクロエではダムスタ効果からのクロエくらいしか明確な選択肢がなかったものの、
阿那婆達多で7リソをスキップしたり、または1枚リソースに置く手札を、
節約しているとも考えることができます。
相手に徹底的にチャージを与えないことにより速攻耐性が強化されています。

・Aウィルスハザードのアクターレ
最近は優先順位が下がったものの、
P指定で凶悪なゼクスであるマスプロトロンの活躍、
そしてクロエの弱点であるピュアフロンに対する明確な回答です。
後に解説する百騎兵と合わせ、マスプロトロンへの対策ができています。

・金色車前グラディアトール
青緑というカラーの最高のライフリカバリー。
手札調整こそできませんが、それを補ってあまりあるコンボ性能を持ちます。

・蒸発機械エヴァポレイション
青緑というカラーだからこそのこのカードであると考えます。
手札交換はクロエにとっては死活問題。
序盤の安定化から、クロエから出して強いゼクスを、
デッキに温存しておくのは急務であります。

・伝説の魔神 百騎兵
マスプロトロン対策の一時的な6000打点だと考えます。
アクターレとはアンチシナジーですが、
打点不足になりがちな青緑のクロエでは最重要カードでしょう。

・紅葉狩り
9リソでクロエを決めるでもよし、
ルートヴィヒ使えなかった場合にグリーゼ+紅葉狩りでもよしです。
このカードの採用によりハンデス耐性が向上しています。
リソースにIGを置けるということはクロエにとって重要な意味を持ちます。

・決死の防衛戦
プレイヤースクエアにダームスタチウムの立つことの多い、
クロエだからこそのこの一枚。
ヴァーヌスやアスモデルを突破できるのは非常に心強いです。

実際にこの型のクロエと戦ったことがないので些かわかりかねますが、
曲がりなりにも青白クロエを使い続けている僕からすれば、
相当練られたデッキだなというのはよくわかります。
特にフロン対策のアクターレを警戒しているなというのは見てのとおりだと思います。
まさに勝つべくして勝ったという感じでしょう。
スポンサーサイト
  • Category: Z/X

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する